2006年03月09日

Butterfly Effects.

060309-040607.jpg

北京で蝶が羽ばたいたせいでニューヨークでは嵐が起こり、
そして僕の身の回りでは日常という盛大で有難いハプニングが。

---

予想をしなければ驚くこともないのかな。

それは昨日(3/7)の出来事でした。

そもそもの始まりは、朝、教え子君からの合格を知らせる電話でした。
(大変申し訳ないけれど)思いもよらず、それが相まってとても嬉しかったです。
日中は予定していたインターン先事務所の整理がさくっと切り上がり(終わってないけど)、
新宿のバイト先へ挨拶に。なんかピリピリした雰囲気で参りました。
その後四谷でライブを観ようと思っていたのだけど、
開催される日を間違えていたことにハタと気がつきました。
曜日を一日ずらして考えてしまっていたのでした。
会いたかった唄い手さんなのでとても残念だったけれど、
急遽予定を変更して向かったのは、日本橋の洋食屋さん。
名物というタンポポオムライスをなんとご馳走になりました。
うま過ぎました。とけました。たまごもほっぺたも。ふわっふわ。
その後ふらりと有楽町方面へ散歩に行くと、
一年前に坂本龍一の映像作品上映イベントがあったスタジオ兼シアターで、
ショートムービーのスクリーニングが開催されているとのこと。
内容の良くわからないまま入ってみると、
10分前後の作品を連続上映するイベントのようでした。
思いっきり悪趣味(口が悪いようですがそう断言させてもらいます)なホラーから、
コメディタッチながら切ないおじいさんの物語や、
深遠過ぎて意味を計れなかったおじいさんの物語など、
非常にバラエティに富んだ内容で、ドキドキしながらも楽しませてもらいました。
大当たりはアメリカの実話を元にした『Offside』。目にする機会があったら是非。

そんな、驚きに満ちた一日を送ったわけですが、
なんかこういうのって生きている醍醐味だよなぁと思うのです。
たぶん、どんなにクタクタな顔をしたサラリーマンの日常にだって、
些細な変化はきっとあるはずで、それは上司の髪型や社食のメニューかもしれないけど、
そういうちっぽけなものでも、楽しめる側の人間であり続けたいなぁと。

何かが起こったとして、何が原因かなんてわからなくて、
どんな変化だったのかも事後的にわかることがほとんどで、
それはとても怖いことだけど、怖がるってとても勇気が要ることだと思うから、
おそるおそるでも色んなことをやってみたいなぁ。

今日はこれから新潟に向かうのです。

---

BGM:"The Cause Of The Colour" by Oppressed By The Line
posted by ぶん at 04:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。