2006年03月06日

どちら様。

寄せ集めオリジナリティ。
継ぎ接ぎアイデンティティ。

---

後は塾生が合格してくれたら、何も言うことないんだけどなぁ。

最後の営業は、成約一件のみという惨敗ぶりでした。これはリベンジをしろってことかな。
ド初心者だったにもかかわらず長くお世話になり、
迷惑もたくさんかけてしまっていたと思います。
シビアな大人の世界を垣間見た、貴重な体験でした。どうも有り難うございました。

昨日(4日。土曜日。)は、バイト終了後武蔵境へ向かい、
おばちゃん(友達の母親)の誕生日パーティをしてきました。
千葉に来て4年経ちますが、うち3年の付き合いを越えた、
千葉のお母さんとでも呼ぶべき人です。
いつも明るく、いろんな話を聞かせてくれます。
たまに説教もされます。喧嘩も何度かしました。
趣味も価値観も合わないことのほうが多いけど、
それが嫌いになる理由にはならないということを教えてくれています。
大好きです。でも恋心ではないと思います。

恩返しに何ができるか考えたけどうまいアイディアが思い浮かばなかったので、
思いつくまで精一杯元気に生きていくことにしました。
プレゼントには、フラワーアレンジメントを選びました。

セクハラになるかもしれないけど、花屋さんで働く若い男の人ってかっこいいと思います。
あと、ラーメン屋さんで働く若い女の人も。すごくかっこいい。あわや惚れそうでした。

ここ数日は、いろんなものとサヨナラする期間になりそうです。

それは、バイトであったり、インターンであったり、
先輩であったり、後輩であったり、友達であったり。
モノであったり、コトであったり、シュミであったり、シュギであったり。
もちろんずっと変わらず一緒にいられると思って過ごしていたわけではないけど、
いざサヨナラの時を迎えるとなると、とても感慨深く。

ゆえに売ろうと思っていた本をもう一度と最初っから読んでしまったりするのです。
ああ部屋の整理が進まないよ。

そうそう、ついに外付けHDDを買ってしまいました。
で、それを買った某カメラ屋さんの袋を持ちながら、
カメラを肩から提げている自分をショウウィンドウの向こうに見つけ、
はっとしました。はっとしました。はっとしました。
ちょっと面白く感じたので、一番人通りの多い場所を歩いてやりました。

やったね。

---

BGM:"Pet Sounds" by The Beach Boys
posted by ぶん at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生はドラマバトン(仮名)。

めありちゃんより。困ったよ。でも、困ってる状況と、
何だかんだ困ったとか言いながらも答えを考えてる自分が面白かったので、以下。
めありちゃん、有難うね。発見と言うか、冒険になりました。
内緒のバトン(?)でも色々書いてくれていたみたいで、きっと良いことだと信じていますよ。

○手作りマフラーをもらう。
嬉しいです。でも気に入らなかったらつけないかも。
なんか、ハートとか大きく入ってたら、いくら手作りでも、ねぇ。

○ペアルック。
やらないと思います。むしろ違いをアピール。
あーでも、自分が持ってるものを相手に持っていてもらえたら嬉しいです。

○恋人色に自分を染める。
自ら積極的に、と言うよりはある程度自然にそうなっていくのでは?
でも違いがあってこそ楽しいものでもあると思います。

○五歳以上年上と付き合う。
可能性としては有ると思います。
周りの人からはずっと「年上が似合いそうだ」と言われてきました。

○五歳以上年下と付き合う。
これもまぁあくまで可能性としては考えられます。
でも妹(今中2)のあたりの年齢の人って想像はつかないな。

○惚れやすい。
惚れやすいです。これは異性がどうとかではなく、いろいろ。
旅先では特に、いろんな人や物事や場所やタイミングに惚れている気がします。

○腕枕好き。
自分の腕を枕にして寝るのは大好きです。んで気づいたらよだれたらしてます。
とかいう答え方はずるい?

○過去の恋人との品。
意味が良くわからないけども…。例えば、燃やす、みたいなことはしないです、とかかな。

○恋人の親と食事。
してみたいですね。
一緒に登山して山頂でおにぎり、とか。一緒に温泉入って出た後でビール、とか。

○抱きしめ好き。
んー参ったな。特に好きではないです。
親愛の情を表す手段として、もっと身近になればいいなぁとは思います。

○ドラマのような経験。
人生はドラマより面白いと思います。ここでのドラマがテレビドラマを意味するのであれば。

○恋人のために禁煙。
タバコは吸ってませんが、例えば自分の恋人がそういう行動をとってくれたら、嬉しいです。
自分が恋人に、「私のために仕事辞めて。」と言われたとして、たぶん辞めません。

○恋がしたい。
雑誌『H』、2月号の特集テーマが、「恋するように、旅したい」でした。
なんて素敵な言葉なんだろうと思います。逆でも素敵です。

○回す人。
しょうくん、やりなさい。
posted by ぶん at 03:53| Comment(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

Mazing Grace.

image/blogbeside-2006-03-05T23:36:31-1.jpg

海の向こうではどんなことが起こってるんだろうなぁ。

---

「以下のコンビニでお支払い頂けます」に、
キャメルマートが入っていないんだ。参った。

posted by ぶん at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

久々。晴々。

光だ!

---

とても寒い一日だったのでうちに帰ると体が火照り、
何かさっぱりとした冷たいものを食べたいなと思いざるそばを食べたら、
今度は寒くなりました。頭悪い。頭痛い。

そう言えば、千葉に越してきて最初に食べたのもコンビニのざるそばで、
その時も食べてたら寒くなったっけなあ。
成長してないのか、歴史は繰り返すのか、
とにかく、そんな色々を思い出す季節になりました。

一年くらい続けさせてもらったた営業のバイトも、今日が最後。


posted by ぶん at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chicks of...

060304-060222.jpg

時には少し昔の話を。

---

28日(火)の話なんだけどもさ。

5月に尾瀬、10月に日光に行った4人で、陣馬山・鎌倉ツアーへ行ってきました。

深夜1時にレンタカーにて江古田を出発し、陣馬山頂直下の和田峠へ。
峠の駐車場からは30分程のハイクアップで山頂に辿り着きます。
夜の尾根を歩くのもとても不思議な感じがします。好きなんだと思います。
右手は暗闇、左手は夜景。足元には大きく成長した霜柱の群。
前回単独行のときに感じていた孤独感はなく、連帯感と共有できる喜び。
山頂で朝陽を待つもあいにくの曇り空の為、日の出は拝めず。
朝を迎えた鳥の声を聴きながら駐車場に戻り、
車の上に地図を広げて次の行き先を鎌倉と決めました。
こんな一つ一つの行動が僕のささやかな夢であり、それらをとても愛しく感じます。
鎌倉までは決して近い道のりではなかったけれど、
体力と勢いに任せることも時には必要なんでしょう。
やらない後悔よりやった後悔のほうがいい、とかを引用したら大袈裟でしょうか。
無理はしないけど無茶はします、みたいなことでもあるかもしれません。
鎌倉では、まだまだ冬を感じさせる海と、寒さの中でも賑わう街を散策しました。
動いている水が好きなんだと思います。二度とは同じ形になり得ないから、かも。
そこまで綺麗な海ではないけれど、一つ一つの波の形を、覚えておけたらいいのに。
街並みには、遊びに来た人の嬉しそうな顔が似合います。
マウンテンバイクと、犬と散歩する貴婦人と、鳶も似合います。
それから、海と山に囲まれて江ノ電が家並みすれすれに走っている光景が、大好きです。

夜明けの山から、海岸、そして街並みの中へと、
徐々に人間の営みの中に戻っていくような感覚です。

素敵な仲間がいて良かったです。
一緒にいてくれたことがとても有難いです。
少なくとももう一年は恐らく会うことはない、そんな切なさを含んだ一日だったけど、
だからこその感覚と感情も持てていたと思います。

どうか、みんな、元気で。
次は、夏の尾瀬か、或いは沖縄かな。

---

BGM:"恋の景色" by 山田タマル
posted by ぶん at 06:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。